自動車保険は自分のため、相手のために加入しましょう

自動車保険とは、車での万が一の不測の事態に備えた金銭的補償のことです。
交通事故を起こしてしまった場合、治療費や車の修理代も高くつきます。
もしも単独の事故ではなく、相手を死なせてしまった、または重い後遺症を負わせてしまった場合などは、億単位の賠償金が発生することがあります。

そこで自動車保険に入っておくと、契約した保険プランの上限金額を限度に、保険会社が払ってくれるというものです。
自動車保険には大きく分けて2種類あります。
自賠責保険と任意保険です。

自賠責保険とは、別名を強制保険ともいわれすべての自動車、原動機付自転車を運転するすべての人が加入しなければならない保険です。
これは法律で決められており、自動車損害賠償保障法と言われています。
入らないと厳しい罰則があるので、必ず入りましょう。

任意保険とは、保険に入る入らないは個人の自由です。
しかし、事故を起こした場合自賠責保険だけでは、被害者に払う賠償金が不足することが多く、最近では任意保険に入るのは当たり前と一般的に考えられるようになりました。
さらに、任意保険には7種類あります。

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険です。
任意保険は保険会社でサービス内容や価格が様々あります。
沢山ある中、すべてに加入するということはなかなか難しいものがあるので、自分が必要とする保険をきちんと選んで加入することが大切です。